OrangeGardenRoom

Just another WordPress site

NTT西日本フレッツ情報サイトへアクセス(IPv4/IPv6)

※この記事は完全に正しくない為、参考程度にどうぞ。そのうち追記します。

 

光ネクストで、フレッツ情報サイトへアクセスする方法のメモ。

正式名称は、「NGNサービス情報サイト」

 

「フレッツ情報サイト 西日本」とか「サービス情報サイト 西日本」とかで検索しても、

ぜんっっっっっっっっっっっっぜんNTT西日本のページに辿りつかないし、

知恵袋とか出てくるしむかついてきたので自分でメモすることに。

 

そもそもNTT西日本公式に情報サイトへアクセスする方法どこか書いてあるのだろうか……。

検索にはひっかかりづらくなってるんでしょうか。

 

ちなみに東日本に関しては、公式でも、Yamahaのサイトに書いてあります。

 

NTT東日本:サービス情報サイト接続方法

https://flets.com/square/con_index.html

 

Yamaha:サービス情報サイト(IPv6 / NTT東日本)への接続

http://jp.yamaha.com/products/network/solution/flets/flets_other_service/

 

 

 

以下やり方。

PCで直接やるやり方と、ルータを使うやりかた書いておきます。

 

Yamahaルータはconfig設定いるので、それもついでに。

IPv6 PPPoE、IPv6 IPoE接続している場合は、環境が無いのでわかりませんが、

多分そのままの設定でいけるんじゃないかと……行けない場合はワカリマセン。

 

※HGW = Home Gate Way(ホームゲートウェイ)

 

 

基本的には【その1】【その2】でやるのがオススメです。

常時アクセスする必要が基本的にはないハズですので。

 

 

 

 

 

【その1:ONUとPCを直接接続する(IPv6利用)】

PCのIPv6が有効である必要があります。

IPv6の有効にする方法は検索してみてください。

初期有効になっているので、あえて無効に指定ない限りはそのままいけるはずです。

この方法では、ひかり電話契約している場合は出来ません

但し、ファミリータイプをご契約で、ONU一体型HGWに接続の場合は可能です。

 

下記URLにアクセスすれば接続できるはずです。

http://flets-west.jp/

 

 

 

 

 

【その2:ONUとPCを直接接続する(IPv4利用)】

PCから、ルータ等使わず、NGNとPPPoEセッションを貼ることで、IPv4でアクセス出来ます。

上記IPv6で行けない場合はこれでいけるはずです。

NTT東日本のサイトがちょうど説明にピッタリなのでこれ見ながら一部読み替えで説明します。

 

NTT東日本:サービス情報サイト(NGN IPv4)接続方法(回線終端装置とパソコンを直結しているお客さま)

https://flets.com/next/square/connectv4/win/#direct

 

手順6の「ユーザ名」と「パスワード」を以下で読み替えてください。

(ユーザ名) flets@v4flets-east.jp →flets@v4flets-west.jp

(パスワード) guest →flets

 

手順7以降はそのまま進めます。

手順11でアクセスするURLが東日本用になっていますので、下記西日本用へアクセスします。

http://v4flets-west.jp/

 

この方法は、PPPoEセッションが張れるのであればIPv6関係なく使えますので一番融通が効きます。

 

 

 

 

 

【その3:家庭用ルータが接続されている(IPv6)】

※この方法もひかり電話契約有で、HGWが無い場合はできません

NTT東日本の公式ページにもありますが、IPv6ブリッジを有効にします。

PC本体もIPv6が有効化されている必要があります。

 

ひかり電話契約されており、HGWがある場合、

HGWは初期でIPv6ブリッジが有効になっている(はず)の為、

HGWの設定をいじる必要はありません。

 

家庭用ルータ……BuffaloやNECが、ONUorHGWに接続されている場合、

IPv6ブリッジ機能を有効にする必要があります。

やり方は、機種によっても違うので、管理画面入ってもわからない場合は、

メーカーのサポート先に連絡とってやってみてください。

 

設定が問題ない場合は、下記サイトにアクセスできるはずです。

http://flets-west.jp/

 

 

 

 

 

【その4:家庭用ルータが接続されている(IPv4)】

IPv6ブリッジがない!!PCがIPv6対応していない!!!

そんな場合はこちらです。

 

先にお伝えしますが、常時サービス情報サイトにアクセスできるようにしたい、

という要望でない限りは、使いたいときに、【その2】で都度PCとONUを直接接続するのを強く、強く!!おすすめします。

(ルーティングの問題もあるため。後述)

 

と、いうのが、ドメインルーティングなるものを設定しないといけなっかったりするんですが、

対応してない機械があったり、設定が機種によって全然違うので、詳しい人じゃないと難しいかも。

 

 

でも一応説明です。NTT東日本の説明読み替えて使います。

その2の内容をルータに設定する内容になります。

NTT東日本:サービス情報サイト(NGN IPv4)接続方法(ルーター等をご利用のお客様)

https://flets.com/next/square/connectv4/win/#other

 

手順1の設定項目を下記読み替えます。

ユーザ名 guest@v4flets-east.jp → flets@v4flets-west.jp

パスワード guest → flets

 

手順2の設定項目を下記読み替えます。

宛先ドメイン名 *.v4flets-east.jp → *.v4flets-west.jp

 

※ルータによっては、静的IPルーティングの設定が必要です。

NTT西日本が取得しているIPアドレス帯でどこをつかっているのか、

NTT西日本では公開されていないようですので、全てルーティングします。

これにより、通常インターネット側セッションで接続しないと見れないNTT西日本のサイトが一部見れなくなる可能性があります。

また、東はネットワーク帯が2個あることから、これを設定しても、サービス情報サイトの全てのページにアクセス出来ない可能性があります。

設定はルータによって違いますので、わからない場合はメーカーサポートに聞いて下さい。

 

(静的IPルーティング設定)

ネットワークアドレス: 122.50.16.0

ネットマスク: 255.255.240.0(CIDR表記では/20

宛先: サービス情報サイトのセッション

 

設定が正常にできていれば、下記URLでアクセスできるはずです。

http://v4flets-west.jp/

 

 

 

 

 

 

 

【その5:おまけ Yamahaルータでの設定(IPv6:RAプロキシ利用)】

IPv6を使います。この方法が使える条件は以下になります。

・ひかり電話契約無しで、ONUと接続

・ひかり電話契約有り、かつHGWからの接続(ファミリータイプ)

 

 

通常でIPv4 PPPoEでインターネットが接続出来ている設定から、

下記設定を追加でいれます(コマンド必須だと思う)

 

 

dnsの2行目は、コマンド使ってる場合、selectの後の文字違うと思うんで修正するのと、

dns server selectを利用していない場合は、元のdns server pp 1とかは削除してください。

 

基本、上記でいけるはずですが、だめだった場合下記にします。

 

 

 

Yamahaのページとかに載ってますが、

おそらくこれはRAでDNSを取得できない機器のための設定だと思われます。

 

RFC6106で、RAでDNSとかを配布できるようにしたのは、ページ見る限り2010年11月なので、

古い機器で、DHCPv6(oフラグON)を使ってしか取得出来ないものに対応しているのだと思われます。

 

 

と、あまりあちこち書いてないので、集めた情報からこれかなとなんとなく書いておくので、

違かったらどなたかツッコミお願いします……。

 

 

話がそれましたが、上記設定で、PC側でIPv6アドレスが取得できていれば、

下記サイトアクセスできるはずです。

http://flets-west.jp/

 

 

 

 

 

【その6:おまけ Yamahaルータでの設定(IPv6:DHCPv6-PD利用)】

IPv6を使います。この方法が使える条件は以下になります。

・ひかり電話契約有りで、ONUからの接続

・ひかり電話契約有りで、OGやVGからの接続

・ひかり電話契約有りで、ビジネスフォン各社光直収アダプタ(4BRU、IPCOI、IPHO等)からの接続

 

ファミリータイプでも、HGW不要でONUだけにも出来ます。その場合はこちらになります。

HGWから、上部接続を外し、下部ONUから直接接続した場合もこちらになります。

HGWから、上部接続を外し、4BRUやIPHOを介して接続した場合もこちらになります。

 


※ファミリータイプでHGW不要にした場合、おそらくNVR500とかの機種をつけてひかり電話も同時にされると思います。

もしくは、小型ONUのみでNVR510やNVR700Wを接続する場合もあると思います。

これは、HGW不要でONU→NVR500とやるのと代わりません(インタフェースがSPFなだけです)

こちらに関しては、Yamahaのページみて設定してもらったほうが良いです。

基本的に、この【その6】で紹介の設定がひかり電話のWebGUI設定で入ります。

 

Yamaha:設定例 > インターネット電話(VoIP) > ひかり電話 

http://jp.yamaha.com/products/network/solution/internet_phone/optical_phone/


 

 

 

通常でIPv4 PPPoEでインターネットが接続出来ている設定から、

下記設定を追加で入れます。

 

 

dnsの2行目は、コマンド使ってる場合、selectの後の文字違うと思うんで修正するのと、

dns server selectを利用していない場合は、元のdns server pp 1とかは削除してください。

 

話がそれましたが、上記設定で、PC側でIPv6アドレスが取得できていれば、

下記サイトアクセスできるはずです。

http://flets-west.jp/

 

 

 

 

 

【その7:おまけ Yamahaルータでの設定(IPv4)】

これはPPPoE接続できる環境であれば使えます。

【その4】と同様、使う都度、ONUとPC直結して【その3】でやったほうが楽です。

(ルーティングの問題もあります。【その4】に書いてあります。)

 

あと、業務でルータを使われていると、PPPoEセッションを2個使っている場合があります。

光ネクストは、初期契約では、PPPoEセッションは同時に2つまでしか張れません。

 

インターネット用のPPPoEと別に、レセプト用のPPPoE接続をしていたり、

フレッツVPNワイドのセッションが張られている場合は、接続出来ません。

 


※それでもやりたい人向け

という場合は、116とか0120-116-116に連絡して、セッションプラス契約してください。

最大5セッションまで接続できるようになります(セッションプラス3まで)

 

ちなみに、サービス情報サイトで、セッションプラスの追加をすることが出来ます。

する場合は、NTT西日本の開通通知にある、お客様ID(CAF番号)とアクセスキーを準備の上、

下記サイトへアクセスし、申込みをおこなってください。

https://www.flets-west.jp/wso/

 

こっちでやると、事務手数料が安い&セッション追加されるの早いのでおすすめです。

追加したくて連絡した時、こっちでやると早いという情報を聞きやってみたところ、1時間もしないうちにセッションプラスされてました。


 

 

話がそれましたが、やりたい場合は、Yamahaの下記サイト参照します。

 

サービス情報サイト(IPv4 / NTT東日本)への接続 : RTX810 Web GUI設定

http://jp.yamaha.com/products/network/solution/flets/flets_other_service/square-rtx810/

 

サービス情報サイト(IPv4 / NTT東日本)への接続 : コマンド設定

http://jp.yamaha.com/products/network/solution/flets/flets_other_service/square/

 

 

両方とも、下記読み替えてください。コマンドは文字だけ。

 

ユーザーID:guest@v4flets-east.jp  → flets@v4flets-west.jp

接続パスワード:guest → flets

宛先ドメイン名:.v4flets-east.jp → .v4flets-west.jp

 

 

静的IPルーティング設定の読み替えは下記です

WebGUIの「手順9」 / コマンドの「ゲートウェイの設定」

ip route 123.107.190.0/24 gateway pp 2
ip route 220.210.194.0/25 gateway pp 2

ip route 122.50.16.0/20 gateway pp 2

 

 

設定が正常にできていれば、下記URLでアクセスできるはずです。

http://v4flets-west.jp/

 

※これに関しては、動作検証してません。

 

 

 

 

 


(YamahaルータのIPv6通信の設定 光電話有り無しについて・・・)

 

フレッツ・スクウェアネクストなどのIPv6を必要とするサービスを使うには どうすればよいですか?

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/FLETS-HIKARI-NEXT/flets_square_next.html

(※フレッツ情報サイトは昔、フレッツ・スクウェアという名前でした。)

ひかり電話契約している場合、NTTから機器にIPv6アドレスを割り振る方法が、DHCPv6-PDによって与えられる仕様になっています。(契約無しの場合はRA)

 

 

・VG430Iや、OG810Xi等のひかり電話オフィスタイプから接続する場合

・ビジネスフォンにて光直収ユニットを使っている場合(NXSM-4BRUや、IPHO-01AとかIPCOIとか)

 

上記2点でしょうか、主にオフィスタイプ利用のときにDHCPv6-PDで取得することになります。

 

 

ファミリータイプを利用して、HGW配下に接続する際は、

HGWがDHCPv6-PDによるアドレス取得を行い、

配下に関してはRAプロキシとして動作するので、

ひかり電話無しと同じように取得すればOKです。

 

但し、標準的なWindowsのパソコンに関しては、

RAでのIPv6アドレス設定しかできず、

DHCPv6-PDでのIPv6アドレス取得はできない為、

ひかり電話契約回線のONUに直接接続(基本的にはオフィスタイプの場合)しても、

フレッツ情報サイトへのアクセスは出来ません。(できないはず。。。)

その場合は、PPPoEを用いたIPv4でのアクセスを行うか、DHCPv6-PDに対応し、LAN側へRAプロキシとして動作するルータが必要になります。

One thought on “NTT西日本フレッツ情報サイトへアクセス(IPv4/IPv6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です