OrangeGardenRoom

Just another WordPress site

AdaptecのRAIDボード利用についてメモめも

今回使ったのは Adaptec RAID 6405。

もう一つ予備で買ったのは、Adaptec RAID 5405。

HDD4 台で RAID6 を組みたかったので、一番安いこのカードでした。

ドライバのインストールとか、色々手をこまねきましたよ……。

OS は Ubuntu11.10 Server 64bit です。

 

 

まぁ、まずはドライバのインストール……と始まり、これがそもそもの間違いだった。

Adaptec RAID 6405 のサイトから、ドライバをダウンロードします。

解凍し、インストール時にコンソールに移ったりしつつ insmod とかでインストールします。

なんかね、エラるんですよ……。起動しないし……。

1週間再インストールとか RAID の再設定とか繰り返してたどり着いた結論。

 

 

 

OSリスト:どのオペレーティング・システムが 6405, 6445, 6805 でサポートされますか。

http://ask.adaptec.co.jp/app/answers/detail/a_id/17079

 

下にリストされたドライバーがOSに含まれています:

  • Red Hat Enterprise Linux 6.3
  • SuSE Linux Enterprise Server 11 SP2
  • Ubuntu Linux 11.10
  • Debian Linux 6.0.2
  • Fedora 16

 

っていうのを全然気が付かなくてですね……なんでページの一番下にあるんだよ……。

追加ドライバの必要な OS の下にあるあたりが若干嫌がらせに思えます。

 

 

なので、追加ドライバなんてさらさら必要なくて、RAID 設定したらそのまま物理ボリューム扱いで使えます。

 

このページの辿りつき方は、

製品のページ→右下の「製品サポート」→製品仕様→オペレーティングシステムの下あたり

です。

 

 

 

いよいよインストールできると、今度は設定内容見たいわけです。

Adaptec シリーズでは、arcconf というコマンドを使うのですが、これはインストールしないといけないです。

製品のページ→右下の「製品サポート」→ダウンロード→「Storage Manager Downloads」

今回 OS は Ubuntu ですが、Linux x64 のものをダウンロードします。

Adaptec Storage Manager v7.30.18837 for Linux x64

上記の物をダウンロードします。

maxView~~とかもありますが、Adaptec Storage Manager です。

 

 

 

解凍すると、 manager と cmdline ディレクトリが出てきます。

manager の中に deb パッケージ、rpm パッケージがありますので環境に合わせてインストールします。

 

 

$ sudo dpkg -i storman_x.xx-xxxxx_amd64.deb 

未選択パッケージ storman を選択しています。 (データベースを読み込んでいます … 現在 158114 個のファイルとディレクトリがインストールされています。) (storman_6.50-18771_amd64.deb から) storman を展開しています…

Adaptec Storage Manager Version 6.50

storman (6.50-18771) を設定しています … starting Adaptec Storage Manager agent …

Installation completed successfully. The application can be started by running: /usr/StorMan/StorMan.sh

 

/usr/StorMan ディレクトリが作成されます。

StorMan.sh を実行することでアプリケーションが起動する、って書いてありますが、GUIのプログラムのようなので使いません。

 

 

 

 

今回は arcconf を使います。(/usr/StorMan/arcconf)

上記インストールがちゃんとされれば、上記プログラムを動かせば動きますが、下記エラーが出ることがあります。

./arcconf: error while loading shared libraries: libstdc++.so.5: cannot open shared object file: No such file or directory

 

これ出た場合、 libstdc++.so.5 が読み込まれてません。

libstdc++.so.5 自体は /usr/StorMan/libstdc++.so.5 にあります。

 

 

これをロードする必要があります。下記コマンドを実行するか、./bashrc等に書くと良いです。

 

export LD_PRELOAD=/usr/StorMan/libstdc++.so.5

 

正常に動きますでしょうか。

 

 

$ sudo ./arcconf

| UCLI |  Adaptec by PMC uniform command line interface
| UCLI |  Version 6.50 (B18771)
| UCLI |  (C) Adaptec by PMC 2003-2011
| UCLI |  All Rights Reserved

ATAPASSWORD             | Setting password on a physical drive
COPYBACK                | toggles controller copy back mode
CREATE                  | creates a logical device
DATASCRUB               | toggles the controller background consistency check mode
DELETE                  | deletes one or more logical devices
FAILOVER                | toggles the controller automatic failover mode
GETCONFIG               | prints controller information
GETLOGS                 | gets controller log information
GETSMARTSTATS           | gets the SMART statistics
GETSTATUS               | displays the status of running tasks
GETVERSION              | prints version information for all controllers
IDENTIFY                | blinks LEDS on device(s) connected to a controller
IMAGEUPDATE             | update physical device firmware
KEY                     | installs a Feature Key onto a controller
MODIFY                  | performs RAID Level Migration or Online Capacity Expansion
RESCAN                  | checks for new or removed drives
RESETSTATISTICSCOUNTERS | resets the controller statistics counters
ROMUPDATE               | updates controller firmware
SAVESUPPORTARCHIVE      | saves the support archive
SETALARM                | controls the controller alarm, if present
SETCACHE                | adjusts physical or logical device cache mode
SETCONFIG               | restores the default configuration
SETMAXIQCACHE           | adjusts MaxIQ Cache settings for physical or logical device
SETNAME                 | renames a logical device given its logical device number
SETNCQ                  | toggles the controller NCQ status
SETPERFORM              | changes adapter settings based on application
SETPOWER                | power settings for controller or logical device
SETPRIORITY             | changes specific or global task priority
SETSTATE                | manually sets the state of a physical or logical device
SETSTATSDATACOLLECTION  | toggles the controller statistics data collection modes
TASK                    | performs a task such as build/verify on a physical or logical device

 

arcconfのコマンドラインインタフェースの仕様書は以下です。

コマンドラインユーティリティユーザーズガイド(PDF 日本語)

 

 

動いたら、下記コマンドを発行すると、情報が見れます。

/usr/StorMan/arcconf getconfig 1

 

ずらずらーっと出てきます。多分 OPTIMAL になってれば OK でしょう。

 

 

次が大事ですが、RAIDは潜在的に壊れていることがあります。

アクセスしない限り、不良セクタに気づかないんです。アクセスすると壊れる、という。

HDDが1台壊れ、入れ替えてリビルド中に、もう一台壊れる……というのはこれが原因の一つになってます。(または、過負荷によるものや、たまたま同時にということもありますが)

上記のことをなくすために、定期的にVerify(ベリファイ)という作業をします。

そのためのコマンドが以下の通りです。

 

/usr/StorMan/arcconf task start 1 LOGICALDRIVE 1 verify_fix

 

task start の後の 1 は、コントローラー番号です。2 枚以上刺さない限り 1 です。

LOGICALDRIVE の後の 1 は論理ドライブ番号です。

RAID6の場合 4 台差すので、1~4 を指定して全部やる必要があります。

※↑ご指摘頂きまして、物理ドライブを指定する分けではないので、1だけでいいようです。

verify_fix は、verify した上で、不良セクタがあれば修復するというオプションです。

もし、verify だけなら、verify_fix → verify にします。

週1もしくは月1ぐらいで回してあげるといいと思います。

 

 

 

RAIDの参考は下記サイトさんに。

RAID6とRAID1+0について故障率とか詳しく書かれています。

tagomorisのメモ置き場 : RAIDレベルの話: 1+0と6はどっちが安全か?

 

 

意外と日本語で説明されてるサイトが少ないですね……。有名どころなんですが。

2 thoughts on “AdaptecのRAIDボード利用についてメモめも
  • tanabe より:

    >LOGICALDRIVE の後の 1 は論理ドライブ番号です。
    >RAID6の場合 4 台差すので、1~4 を指定して全部やる必要があります。

    ここは論理ドライブなのでRAIDアレイの数ですね。
    物理ドライブの数ではありません。

    • みと より:

      コメント、ご指摘ありがとうございます。
      検索してあちこち見かけはするんですが、全体的に情報がすくないのでなかなか難しいですね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です